膝窩筋と足底筋

膝の極意を探る「膝窩筋と足底筋」

股関節のブレーキになるものの一つに膝を伸ばしきってしまうことがある。各競技では「膝をやわらかく」という、膝の極意が語り継がれている。

膝関節は完全に伸展してしまうとロックがかかる。膝が硬いと衝撃を和らげることができないし、動作がぎこちなくなる。

ストレッチに長年取り組んでいる方などは膝関節を伸ばし切ってしまう傾向にある。その時ひざ裏の膝窩筋や足底筋などの屈筋は伸ばされ強靭な靭帯により膝関節はカチンとロックがかかる。それは、動作中の急ブレーキとなりトラブルにつながる恐れがある。

また、膝をやわらかくして動くための技術がある。しかし、技術をもってしても膝関節をロックする癖を消すには限界がある。機能面の修正や修復が必要な状態と技術が効果的な状態の見極めが必要だ。

膝はやわらかくコントロールしたい。膝関節にゆとりをもたせておくためにもひざ裏の膝窩筋や足底筋をやわらかく保ちたい。

膝窩筋

膝窩筋は腓腹筋をめくると確認できる。

深部感覚
▲骨格筋の形と触察法(大峰閣) 著:河上敬介、磯貝薫

膝窩筋の筋腹の厚みは約1.5センチある。

深部感覚

▲骨格筋の形と触察法(大峰閣) 著:河上敬介、磯貝薫

足底筋

足底筋の筋腹は起始部付近に存在し細長い腱が踵骨に付着する。

深部感覚
▲骨格筋の形と触察法(大峰閣) 著:河上敬介、磯貝薫

膝関節の機能回復訓練

膝窩筋や足底筋は膝関節伸展の拮抗筋として伸張状態が優位になっている傾向にある。これではただちに次の動作へ移ることができない。ただちに屈曲で作用する状態を保つことが必要だ。

構造動作トレーニングの股割りでは、足根骨-下腿骨−大腿骨のアライメントを整え、足関節−膝関節-股関節の運動方向を揃え、股関節の外転、外旋、屈曲に作用すべき骨格筋をしっかり収縮させ、滑らかな重心移動を獲得する。

さらにスクワットでは、骨のアライメント、関節の運動方向、運動に作用すべき骨格筋の収縮に加え深い関節運動をおこない、地面反力や伸張反射などの力を応用していく。

しかし、股割りでは膝のゆとりを保つことができず膝を伸展してしまう、また、スクワットでは深い動作が苦手という方が多い。膝を上手くコントロールできないのだ。

膝関節の強靭な靭帯や半月板に傷を追うものも少なくない。それが膝を上手くコントロールできない原因だと思い込みがちだが、果たしてそうだろうか?今一度、膝関節の機能を整理し、自分に何か運動感覚のズレが生じてないのか探ってみるとよい。

ヒントとして膝窩筋や足底筋を最大収縮するためにはどうすればよいのか?ということからはじめてみてはどうだろうか。

 

 

関連ページ

構造動作トレーニング Anatomical Activity メニュ―
股関節はお尻の関節|ヒップジョイント hip joint
胸鎖関節(sternoclavicular joint)
カラダの症状・スポーツ障害
深部感覚(ディープ・センセーション)
趾(あしゆび)・足指
ロウギアランニング
骨盤おこし

テキスト

[書籍]「深部感覚」から身体がよみがえる!重力を正しく受けるリハビリ・トレーニング(晶文社)
[書籍]カラダが柔らかくなる「筋トレ」! “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)
[書籍]女性のための「骨盤おこし」―骨格美メソッド(春秋社)
[書籍]「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド(春秋社)
[書籍]趾でカラダが変わる(日貿出版社)
[書籍]本当に動く体になる!骨格ポジショニング(Gakken sports books)

股割り

股割り MATAWARI
[DVD]構造動作トレーニング “股割り”を極める(BABジャパン)
[DVD]構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング(BABジャパン)

セミナー

トレーニング・講座の日程
名古屋「構造動作研究会」
名古屋「またわり練習会」
レポート

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。


top えにし治療院 menu 講座日程