構造動作・股割り MATAWARI

MATAWARIは基本動作トレーニング(股関節外転−外旋−屈曲)

股割りは、開脚前屈というシンプルな基本動作です。私は、このシンプルな基本動作にずいぶん翻弄されたものです。そして、「なぜ、そんなに股割りにこだわるのですか?」と不思議がられることもありました。それでも、10年以上続けていると「股割り」も「股割りをしている私」もあたりまえになるようです。

 

深部感覚

 

私は「股割り」を続けてきてよかったと思っています。股割りに取り組んだことのない人からは、「やわらかくていいですね」「痛そうですね」「日常生活にそこまでの可動域は必要ないのでは?」など様々な意見をいただきます。しかし、どの意見も私の実感とは異なるものばかりです。結局、股割りの経験がない皆さんは見た目の感想を言っているわけです。ですから、やわらかくなりたいと憧れる人は、自分がやわらかいという実感を経験したことがないので、人から聞いたこと、知識で得たことなどを頼りに、自分にとってやわらかく映るものを想像するしかないのです。股割りは、動きを滑らかにする訓練です、可動域が広がった、動きやすくなった、と実感があっても、やわらかくなったと実感したことは一度もありません。また、股割りは痛くて、キツイものとイメージしている人が大勢いらっしゃいます。それは、股割りとは異なる方法で間違った動作により痛くて、キツイ経験があるか、或いは、間違った情報を鵜呑みにしているのだと思われます。実際、股割り動作をレベルアップする段階で滑らかな動きができず痛いこともありますが、たいがいは楽苦しいです。日常生活で股割りの可動域が必要かどうか?これは治療院経営者として企業秘密です。興味のある人は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

私が、「股割り」を続けてきてよかったと思うことは、やはり、活きた解剖運動学を学べたこと、もう一つは、股割りつながりの出会いです。股割りは、開脚前屈というシンプルな基本動作です。股関節は、外転、外旋、屈曲の運動方向に可動します。股関節の基本的な知識は、学校で学んで知っていましたが、知識として知っていることと実感して知っていることは、「名古屋名物味噌煮込みうどんを食べたことはないが知っている、或いは、目の前で見たことはあるが食べたことがない」と「名古屋名物味噌煮込みうどんを食べ歩いて一番おいしい店を知っている」と同様の違いがあることに「股割り」を通して気づきました。ですから、好物の味噌煮込みうどんはやめられません、もちろん股関節の実践研究もやめられません。股関節が滑らかに動くためには、「重心がどのような軌道を描いて移動するか?」ということが重要です。これまで、股関節が可動するために必要な筋肉や関節などの機能ばかりに注目して、機能回復をおこなえば股関節が滑らかに動くと考えていましたから、「重心移動が滑らかな軌道を描いた結果、股関節が円滑に可動している」という、発想に至ったのは驚きでした。私は重心移動を滑らかに行えるための条件を揃える目的でカラダの各器官を整えるようにしています。それが、カラダの機能回復と考えています。股割りは、チャレンジ続けることが難しい訓練だと思います。難しいからこそ、得難いものを得ることができ、また、チャレンジを続ける稀な人たちとの関係が深くなるのではないでしょうか。

 

私が治療士として「股割り」を続ける意味は、それが股関節をはじめカラダの動きの実践研究だからです。カラダの各部にトラブルが生じている場合は、動きをみて、どこに原因があるかを探ります。私自身のカラダ各部の機能と動きの実感が重なり厚くなることで、ヒトの動きがよくわかるようになり、その結果、トラブルの原因を探り当てやすくなるのです。また、パフォーマンスアップに必要なカラダの機能レベルを上げるトレーニングを指導するときは、選手と動きを共有できることが大きいです。ですから、これはやめれないのです。それから、股関節が滑らかに動くようになることで良かったことは、「年齢関係なく関節の可動を上げることができること」を実感できたことです。長年、トラブルを重ねると思うようにカラダを動かすことができず「カラダにガタがきた」と思い込んでいる人が多いです。しかし、それは、動くための条件が整っていないか、カラダを上手くコントロールできていないことが多いのです。これは、カラダが動くようになるためのアプローチをすれば解決することなのですが、一番のネックは諦めた心がそれをさせないことだと思います。もし、心が前を向いているのならカラダは今以上に動くようになるはずです。

 

 

今後も股関節の実践研究を続けていきます。さらに、「股割り」だけでなく他のパターンの股関節運動も追加していきます。「股割り」は、開脚前屈が股関節「外転−外旋−屈曲」、ロールオーバーが股関節「内転−内旋-伸展」という一つの基本動作でしかありません。股関節は球(臼状)関節で立体的な運動が可能ですから、股関節を実感し尽くすまでにはまだまだ旅を続ける必要があります。

 

 

股割り MATAWARI記事一覧

言葉よりも動作で伝えるトレーニング

私は股割りトレーニングを10年以上しているが、トレーニング効果について聞かれたときは具体的に股関節の可動域が増したことを伝えるようにしている。開脚をして前屈ができるようになったこと。股関節の外転、外旋を保持して恥骨結節、下腹が床につくようになった。股割りトレーニングの効果を「体の中から力がみなぎるよ...

≫続きを読む

ストレッチ

ストレッチとは、股割りとは、Wikipediaによると、スポーツや医療の分野においてストレッチあるいはストレッチングとは、体のある筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすことをいう。 筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げるほか、いろいろなメリットをもたらす。なお、ここでいう筋肉とは骨格筋...

≫続きを読む

鍛錬としての股割り

股割でお腹が床につくようになるまで股割りで床にお腹がつくまでには、幾度となく問い続けられるテーマです。構造動作トレーニングの「股割り」は、おでこや胸を床につけて床に伏せるのではなく、ゆっくり重心を移動させて、最初にお腹がつくように訓練します。しかし、「床にお腹がつく」という段階で、どれほどの人たちの...

≫続きを読む

名古屋また割り練習会

2017/11/17 怪我や病気のリハビリとしての股割り 右股関節の発見で感動すら覚えた動きの感覚は、すっかりその感覚に慣れてあたりまえになっていた。これまでの経験からこのような大きな変化は当分来ないはず。ところが、先日、左膝の可動域がいっきに増した。メンバーは知っていると思うが私の左膝には得体の...

≫続きを読む

関連ページ

構造動作トレーニング Anatomical Activity メニュ―
股関節はお尻の関節|ヒップジョイント hip joint
胸鎖関節(sternoclavicular joint)
カラダの症状・スポーツ障害
深部感覚(ディープ・センセーション)
趾(あしゆび)・足指
ロウギアランニング
骨盤おこし

テキスト

[書籍]「深部感覚」から身体がよみがえる!重力を正しく受けるリハビリ・トレーニング(晶文社)
[書籍]カラダが柔らかくなる「筋トレ」! “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)
[書籍]女性のための「骨盤おこし」―骨格美メソッド(春秋社)
[書籍]「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド(春秋社)
[書籍]趾でカラダが変わる(日貿出版社)
[書籍]本当に動く体になる!骨格ポジショニング(Gakken sports books)

股割り

股割り MATAWARI
[DVD]構造動作トレーニング “股割り”を極める(BABジャパン)
[DVD]構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング(BABジャパン)

セミナー

トレーニング・講座の日程
名古屋「構造動作研究会」
名古屋「またわり練習会」
レポート

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。


top えにし治療院 menu 講座日程