頭蓋骨と脊柱

脳脊髄、カラダの中枢司令塔

頭蓋骨と脊柱

脊柱の矢状面ではは頚椎前彎、胸椎後彎、腰椎前彎、仙・尾椎後彎の4つの生理的湾曲が見られます。脊柱は頸椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨から成り、この天辺に頭蓋骨が乗ります。頭蓋骨と脊柱は、その中に脳と脊髄(中枢神経系)に収め保護しています。脊柱は、脊髄の保護、カラダを支える、体幹を動かす役割があります。

 

  • 頸椎7個(第1頸椎:環椎 第2頸椎:軸椎 第7頸椎:隆椎)
  • 胸椎12個
  • 腰椎5個
  • 仙椎5個が癒合→仙骨
  • 尾椎2〜4個が癒合→尾骨

深部感覚

中枢神経系

ヒトのカラダには中枢神経(脳脊髄)といってヒトが動くための司令塔のようなシステムがあります。ここから手足へ末梢神経(体性神経、自律神経)がつながっています。このシステムが問題なく作動するには、頭蓋骨と脊柱のポジションが重要です。

 

<神経系の構成>
中枢神経系

  • 脳(大脳、脳幹、小脳)
  • 脊髄

末梢神経系

  • 脳神経(12対):脳幹から左右1本づつ出る
  • 脊髄神経(31対):脊髄から左右1本づつ出る

深部感覚

中枢神経を潰さない、重力に潰されない、重力を無理なく受ける

深部感覚

構造動作トレーニングは、中枢神経を潰さない、重力に潰されない、重力を無理なく受ける骨格ポジションを築く訓練です。いわゆる猫背は姿勢を崩した重力に潰される骨格ポジションということになります。重力によって潰されるのは中枢神経、脊柱、内臓などです。中枢神経をフリーにすることが大切です。

 

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。

top えにし治療院 股割り 講座日程