立位肢位

ただちに次の動作へ移ることができる立位肢位

リハビリの基本姿勢は、基本的立位肢位と解剖学的立位肢位を基準にしている。

基本的立位肢位:立位姿勢で顔面を正面に向けて、両上肢を体側に下垂して手掌を体側に向け、下肢は平行、踵を密着させて爪先を軽く開いた直立位。
解剖学的立位肢位:基本的立位肢位で前腕を回外して手掌を前方に向けた直立位。

深部感覚

「基本的立位肢位+股関節幅+中間重心」の立位肢位

構造動作トレーニングでは、基本的立位肢位で股関節幅で接地した直立位を動作開始の基準としている。それは、リハビリやトレーニングの目的が動きの質を高めることであり、ただちに次の動作に移ることができる立位肢位だからである。

深部感覚

▲骨格ポジショニング(学研パブリッシング)著中村考宏

立位姿勢の重心位置は中間重心(お腹の辺り)に決定する。
その方法は構造動作・基本立位肢位で両手を合わせベクトル方向を貫く。

深部感覚

両手は頭の斜め前上に合わせて腕、体ごとベクトル方向にのばす。

深部感覚
▲左から後重心、中間重心、前重心
深部感覚
▲左から後重心、中間重心、前重心

重心位置は、足の指先の接地状況で判断する。

  • 足の指先が浮いている:後重心
  • 足の指先が床に触れている:中間重心
  • 足の指先が力み過ぎ:前重心

深部感覚
▲左から後重心、中間重心、前重心

足の指先の接地は、やわらかく床と接触している状態が基準になる。

深部感覚
▲左から後重心、中間重心、前重心

足の指を伸ばす、開く接地はNG。

深部感覚

中間重心の立位肢位ができるようになるには、まず足の機能回復が先決。それは、自分の重心位置を感知できる足指に達していなければ、重心位置を決定しようがないからである。

足の機能回復は足の状態にかなり個人差があるので省略。自分の状況を把握して、それに必要なリハビリ・トレーニングすることが大切。構造動作トレーニングは、ただちに次の動作へ移ることができる立位肢位が基本です。

 

 

関連ページ

構造動作トレーニング Anatomical Activity メニュ―
股関節はお尻の関節|ヒップジョイント hip joint
胸鎖関節(sternoclavicular joint)
カラダの症状・スポーツ障害
深部感覚(ディープ・センセーション)
趾(あしゆび)・足指
ロウギアランニング
骨盤おこし

テキスト

[書籍]「深部感覚」から身体がよみがえる!重力を正しく受けるリハビリ・トレーニング(晶文社)
[書籍]カラダが柔らかくなる「筋トレ」! “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)
[書籍]女性のための「骨盤おこし」―骨格美メソッド(春秋社)
[書籍]「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド(春秋社)
[書籍]趾でカラダが変わる(日貿出版社)
[書籍]本当に動く体になる!骨格ポジショニング(Gakken sports books)

股割り

股割り MATAWARI
[DVD]構造動作トレーニング “股割り”を極める(BABジャパン)
[DVD]構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング(BABジャパン)

セミナー

トレーニング・講座の日程
名古屋「構造動作研究会」
名古屋「またわり練習会」
レポート

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。


top えにし治療院 menu 講座日程