構造動作トレーニング|ヒトの骨格構造に即した本来の状態へ回復するトレーニング

表層呼吸から深層呼吸へ〜肺、呼吸の機能回復

呼吸を回復するというのは呼吸をすることができる身体になるということ

オギャーと生まれた瞬間からちょっとも休まず呼吸をしていてます。寝ていても、集中していても無意識にしているし、水の中息を止めたり、新鮮な空気を胸いっぱいに吸いこんだりと意識的にもすることができます。

息を吸うときは
1.横隔膜が下にさがります
2.肋骨の筋肉がちぢんで肋骨が上に持ち上げられます。
3.肋骨が持ち上げられると胸郭が広がります。
4.胸郭が広がると肺の中の空気の圧力が大気の圧力より低くなります。
5.それによって気圧の高い外から、低い肺の中へ空気が入ってきます。

息を吐く時は
1.肋骨の筋肉が伸びます。
2.横隔膜があがります。
3.肋骨、胸骨が下がり胸郭がせまくなり肺の中がせまくなります。
4.肺の中の気圧が高くなり、気圧の低い外へと、肺の空気がでていきます。

この呼吸の原理原則は、肺の中の気圧と、大気の気圧の差によって、呼吸が行われ意識的でも無意識的でも変わることはありません。

例えば
鼻のとおりが悪い、胸が薄い、猫背の人が、呼吸をするとき
鼻のとおりが悪いと、スムーズに空気の生き来が出来ません
胸が薄いということは、肋骨を引き上げることが苦手で十分に胸郭をひろげることができません。
これでは肺の気圧を低くすることができず、酸素を吸う量が少ないです。
猫背というも、肋骨や胸郭の動きを止めてしまいします。

 

深部感覚

 

 

関連ページ

構造動作トレーニング Anatomical Activity メニュ―
股関節はお尻の関節|ヒップジョイント hip joint
胸鎖関節(sternoclavicular joint)
カラダの症状・スポーツ障害
深部感覚(ディープ・センセーション)
趾(あしゆび)・足指
ロウギアランニング
骨盤おこし

テキスト

[書籍]「深部感覚」から身体がよみがえる!重力を正しく受けるリハビリ・トレーニング(晶文社)
[書籍]カラダが柔らかくなる「筋トレ」! “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)
[書籍]女性のための「骨盤おこし」―骨格美メソッド(春秋社)
[書籍]「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド(春秋社)
[書籍]趾でカラダが変わる(日貿出版社)
[書籍]本当に動く体になる!骨格ポジショニング(Gakken sports books)

股割り

股割り MATAWARI
[DVD]構造動作トレーニング “股割り”を極める(BABジャパン)
[DVD]構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング(BABジャパン)

セミナー

トレーニング・講座の日程
名古屋「構造動作研究会」
名古屋「またわり練習会」
レポート

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。


top えにし治療院 menu 講座日程