胸鎖関節

胸鎖関節(sternoclavicular joint)

腕を動かす関節はどこでしょうか?一般に、腕は肩関節から動かすと思われていますが、実は胸の関節で胸鎖関節という関節から動きます。胸鎖関節は、腕の骨(上肢骨)と体幹をつなげている関節です。

深部感覚

腕の動き

腕の動きは、胸郭〜鎖骨(胸鎖関節)、肩甲骨間の動きと、肩甲骨〜上腕骨間の動きの両方からなります。たとえば上肢を挙上する際に前者が約1/3、後者が約2/3の可動を受けもちます。運動方向は、屈曲(前方挙上)、伸展(後方挙上)、外転(側方挙上)、内転、内旋および外旋があります。

深部感覚

肩関節の構造

肩関節は、肩甲骨の関節窩と上腕骨頭との間にできる関節で多軸性の球関節です。関節窩が、関節頭に比べ小さく、関節窩の周辺は関節唇によって拡がって大きくなっている。関節包はゆるくて広く、上方は肩甲骨頚及び関節唇の外面から起こり、下方は上腕骨の解剖頚・大結節・小結節などにつく。その際、結節間溝の上では橋のようにこれを被い、その下にできる管は上腕骨頭を越えてくる上腕二頭筋の腱を通している。

肩関節を動かす筋肉

屈曲(前方挙上):三角筋、上腕二頭筋、大胸筋、烏口腕筋、前鋸筋
伸展(後方挙上):大円筋、広背筋、上腕三頭筋長頭、三角筋
外転:三角筋、棘上筋、上腕二頭筋長頭、(前鋸筋、僧帽筋)
内転:大胸筋、上腕三頭筋長頭、大円筋、広背筋、上腕二頭筋短頭、三角筋
外旋:棘下筋、小円筋、三角筋、(僧帽筋、大・小菱形筋)
内旋:肩甲下筋、大胸筋、上腕二頭筋長頭、三角筋、大円筋、広背筋

さらに外転挙上の際は前鋸筋、三角筋、上腕二頭筋長頭、棘上筋、僧帽筋、この他にも小胸筋、鎖骨下筋、胸鎖乳突筋などの協力筋があり、肩関節の運動には多くの筋肉が協力しているのです。

深部感覚

胸鎖関節と肩関節

深部感覚

胸鎖関節

胸骨の鎖骨切痕と鎖骨の胸骨端との間にできる関節です。関節包はゆるく、しかも厚く、関節腔は関節円板で2部に分けられる。この関節は球関節として機能する。

深部感覚
引用日本人体解剖学第一巻医学博士金子丑之助著(胸鎖関節)

胸鎖関節を動かす筋肉

僧帽筋、鎖骨下筋、胸鎖乳突筋

 

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。

top えにし治療院 股割り 講座日程