長母趾伸筋と長腓骨筋

長母趾伸筋と長腓骨筋の出力を抑える

足関節背屈の内外反捻じれ癖対策について

構造動作トレーニングでは「重さを伝えるスクワット」をおこなう。このスクワットにチャレンジしたことがあればわかると思うが力を伝えるのは結構難しい。

その理由の一つに、足関節の捻じれにより力の伝達を遮断させてしまう場合がある。

これは、足もとの土台を不安定にさせるばかりか、過剰な筋力の浪費により動作をぎこちなくする。そのため股関節をはじめ各関節の連動性が薄れ、力の伝達が遮断される。

深部感覚

▲骨格ポジショニング(学研パブリッシング)著中村考宏

例えば、股関節を最大限に屈曲する場合に足関節の背屈角度が深くならなければ股関節の可動は高まらない。

このときに足関節を内外反させたり、踵を浮かせたり、足もとが定まらない状態では、股関節を最大限に屈曲できない。

また、足もとの土台が定まっていると思っていても腰が後方にあり、次の動作にただちに映ることができない後重心であることが多い。

スクワット動作には純粋な足関節の背屈方向が必要。そして、基本的立位肢位+股関節幅+中間重心で滑らかな重心移動の軌道を描くように落下する。さらに地面反力と伸張反射で弾み上がる。

足関節背屈の内外反の捻じれ癖を修正するには足関節の背屈筋群の起始停止を整えて最大収縮をおこなえるようにする。このときのポイントは、第三腓骨筋でした。

下腿筋に付着する骨格筋を一通り復習してみて、あらためてヒトの足の筋肉は母趾優位だという印象を強く受けた。(実際には小趾の筋肉もたくさんある)逆に考えると、足は体を支えなければいけないから骨優位だともいえる。それだけ、筋肉の印象が強いくらいに骨の深部感覚が鈍いのだと自身の感覚を見直すことができてよかった。

長母趾伸筋と長腓骨筋

足関節背屈の捻じれのパターンは、かなり個人差がある。長母趾伸筋と長腓骨筋が優位になっている場合について。

長母趾伸筋は、前脛骨筋と長趾伸筋の間にある。
長趾伸筋をめくってみると、そこに確認できる。

深部感覚
▲骨格筋の形と触察法(大峰閣) 著:河上敬介、磯貝薫

長腓骨筋は下腿の外側に確認できる。

深部感覚
▲骨格筋の形と触察法(大峰閣) 著:河上敬介、磯貝薫

足関節の捻じれを修正するアプローチ

足根骨のモビリゼーションで第1中足骨と第1楔状骨の関節、距骨と踵骨の関節、リスフラン関節の動きを探りながら感覚と骨格筋の緊張の変化をみる。

長母趾伸筋と長腓骨筋の出力をある程度抑えることができたら足関節背屈筋群の完全収縮を行う。

深部感覚を入力しつつ骨格筋の筋力を回復するアプローチがよいのではないかと思う。

それを踏まえて、スクワットや股割りなどの基本動作を構築する。

基本動作をひたすら繰り返している人が多い。しかし、以上の問題を解決していくアプローチを踏まえていなければ効率が悪い。そして、最高のスクワットをスポーツ動作や日常動作へ転換することが大切だ。

 

 

関連ページ

構造動作トレーニング Anatomical Activity メニュ―
股関節はお尻の関節|ヒップジョイント hip joint
胸鎖関節(sternoclavicular joint)
カラダの症状・スポーツ障害
深部感覚(ディープ・センセーション)
趾(あしゆび)・足指
ロウギアランニング
骨盤おこし

テキスト

[書籍]「深部感覚」から身体がよみがえる!重力を正しく受けるリハビリ・トレーニング(晶文社)
[書籍]カラダが柔らかくなる「筋トレ」! “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)
[書籍]女性のための「骨盤おこし」―骨格美メソッド(春秋社)
[書籍]「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド(春秋社)
[書籍]趾でカラダが変わる(日貿出版社)
[書籍]本当に動く体になる!骨格ポジショニング(Gakken sports books)

股割り

股割り MATAWARI
[DVD]構造動作トレーニング “股割り”を極める(BABジャパン)
[DVD]構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング(BABジャパン)

セミナー

トレーニング・講座の日程
名古屋「構造動作研究会」
名古屋「またわり練習会」
レポート

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。


top えにし治療院 menu 講座日程