足底の筋(母趾球、小趾球、中足部の筋)

一流の接地がしたい/足底の筋(母趾球、小趾球、中足部の筋)

私の右足は数多くの故障を乗り越えてきてきた。今の私は自分の右足を意識することができ、そうでないときは無意識でいられる。しかし、その無意識の中には意識することができない無が存在する。おそらく、無と隣り合わせに壊死というものがあるのではないかと思う。このように意識レベルで自分のパーツについて考えれるということが壊死ではない無ということなのだろう。
私の右足は日常生活やランニング動作などで全く支障はない。最近は、足の深部感覚を重ねて厚さを増してくるたびに「支障はないが何かが違う」ということに気づき始めた。おそらく、これは私の伸び代。足指トレーニングは、かなり重点をおいてやっているつもりだがまだまだやることがあるということだ。

足底の筋(母趾球、小趾球、中足部の筋)

構造動作トレーニングでは基底面積を広く、骨の強度を発揮できる骨格ポジションが重力を正しく受ける姿勢だと考えている。そのための足の接地は、趾先と地面が軽く接触し、足裏全体が地面を捉え、圧を分散して体重を支える状態を中間位(ニュートラルポジション)としている。

深部感覚
▲分冊解剖学アトラス 越智淳三=訳

衝撃を和らげるための足の機能を必要にして十分に発揮するには、足のアーチ構造の構築が必要だ。偏平足、凹足、外反母趾など足が変形して足の機能を十分に発揮できない。一歩一歩の衝撃はダメージとして体に蓄積される。

深部感覚
▲分冊解剖学アトラス 越智淳三=訳

足底の筋は、母趾球の筋、小趾球の筋、中足部の筋がある。

深部感覚
▲日本人体解剖学第一巻(南山堂)著 金子丑之助

【母趾球の筋】
母趾外転筋
短母趾屈筋
母趾内転筋

 

【小趾球の筋】
小趾対立筋
短小趾屈筋
小趾外転筋

 

【中足部の筋】
虫様筋
足底方形筋
骨間筋
短趾屈筋

深部感覚
▲分冊解剖学アトラス 越智淳三=訳

骨間筋は3個の底側骨間筋と4個の背側骨間筋とが区別される。

深部感覚
▲基礎運動学(医歯薬出版株式会社)著中村隆一・斎藤宏

構造動作トレーニングでは足根骨のモビリゼーションで自らの動きで生じた内部の刺激を感知する感覚を拾う。はじめての方は外部からの刺激を主に受け取ってしまいがち。変化の違いは効果と深部感覚の蓄積に現れてくる。何をアプローチするのか、やることを理解することが大切だ。

さらに足底の筋の収縮率を上げる訓練をする。これは、関節可動域を拡げるだけでなく、固有感覚受容器の活性化を目的としている。感覚を拾うにしても鈍化した固有感覚受容器では刺激の感知が難しい。

こうして足の機能を回復した後、必ず動作に転換する基本動作を怠ってはいけない。股割り、スクワット、ロウギアランニング、様々な角度から基本動作を見直し日常動作へ転換する。股関節の回転力などは、動作に転換することで動きのキレになる。

私の右足の「支障はないが何かが違う」という気付きは、足の機能回復をする余地がまだあることだと考えている。このように足の機能が十分でなかったとしても動けてしまうのがヒトの体なのだ。不十分な状態に気付かないで無理をすれば当然問題が出る。このことにほとんどの人が気付いていないのが現状だ。深部感覚から体を見直してみることをすすめる。

 

 

関連ページ

構造動作トレーニング Anatomical Activity メニュ―
股関節はお尻の関節|ヒップジョイント hip joint
胸鎖関節(sternoclavicular joint)
カラダの症状・スポーツ障害
深部感覚(ディープ・センセーション)
趾(あしゆび)・足指
ロウギアランニング
骨盤おこし

テキスト

[書籍]「深部感覚」から身体がよみがえる!重力を正しく受けるリハビリ・トレーニング(晶文社)
[書籍]カラダが柔らかくなる「筋トレ」! “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)
[書籍]女性のための「骨盤おこし」―骨格美メソッド(春秋社)
[書籍]「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド(春秋社)
[書籍]趾でカラダが変わる(日貿出版社)
[書籍]本当に動く体になる!骨格ポジショニング(Gakken sports books)

股割り

股割り MATAWARI
[DVD]構造動作トレーニング “股割り”を極める(BABジャパン)
[DVD]構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング(BABジャパン)

セミナー

トレーニング・講座の日程
名古屋「構造動作研究会」
名古屋「またわり練習会」
レポート

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。


top えにし治療院 menu 講座日程