体験談|腰割りで痛みが大改善し変形性股関節症の手術を回避!

腰割りで痛みが大改善し変形性股関節症の手術を回避!血圧も大幅に下がり安定」|腰割り体験談

無職・70歳 近藤すみ子(女性)

「手術なしでも大丈夫」と励まされた

私は歩くのが好きで、以前から毎日1時間ほどのウオーキングを楽しんでいました。いつも川沿いの堤防の道を歩くのですが、昨年11月のその日は調子に乗って、もう少し運動量を増やしてみようと、山道を歩いたのです。これがいけなかったようで、途中から股関節がチクチク痛みだし、翌日からは歩くどころか、じっとしていても激痛が走るようになりました。当時は食べ過ぎで、2sほど太っていたことも影響していたのかもしれません。しばらく様子を見ていましたが、痛みは引くどころか、だんだん強くなるばかり。用事で近くに外出しても、帰りには股関節が痛くて歩けず、息子に迎えにきてもらう始末でした。さすがに心配になり、整形外科に行って診てもらったところ、変形性股関節症と診断されました。「これは手術しかありません」と言われたのです。レントゲン写真を見ても、確かに左の股関節の骨がグシャグシャの状態です。これは一大事とばかり、すぐに紹介された大学病院へ行き、手術の予約を取りました。すると、その後、息子がこんなことを言ったのです。

「手術の前に、一度中村先生に相談したら?」

中村先生とは、えにし治療院の中村考宏先生のこと。息子は、先生のセミナーなどに参加していて、とても信頼できる先生だと言います。私は、どんな手段を使ってでも、股関節の激痛から解放されたいと思っていました。善は急げで、翌日、早速、えにし治療院を訪ねたのです。先生は、私の状態を丹念に調べた後で、「手術をしなくても大丈夫ですよ」と言いました。「その代わり、これを毎日やりましょう」と教えてくれたのが、イスを使う「腰割り」でした。正直なところ、「こんなことで?」と思いました。でも、息子が信頼している先生のおっしゃることですし、とにかく手術を待つ間だけでもやってみようと、腰割りを始めてみたのです。しかし、よほど股関節の筋肉が弱っていたのでしょうか。実際にやってみると、私にはきつく、なかなかうまくできません。ひざがミシミシして、上半身がぐらついてしまいます。最初は1回に3分ぐらいと先生から言われていましたが、その3分でさえ、とても長く感じられたものです。なんとか気持ちを奮い立たせて、1日4〜6回がんばってやりましたが、1ヵ月たっても、なんの変化も感じられません。このときは、もうやめようかと心がぐらつきました。でも、「手術しなくても大丈夫」とおっしゃってくれた中村先生の自信にあふれた笑顔が目に浮かび、いったん手術の日までと決めたことだから、と思い直しました。 後で考えると、それが本当に幸いでした。

1時間歩いてもまったく平気

それから、さらに1ヵ月過ぎたころから、股関節の痛みがスッと軽くなっていくのを感じました。不思議なもので、いったんそうなると改善スピードは速くなり、一晩寝るたびに、痛みが薄らいでいく感じでした。ほとんど歩けなかった状態も、年が明けたころから300m、500mと少しずつ歩行距離が延び、今では1時間歩いてもまったく平気です。この状態では、股関節にメスを入れる必要はまったくありません。私は、直前に迫っていた手術の予定をキャンセルしました。その時の声は、今思うと顔が赤らむほど弾んでいました。

もう一つ、うれしかったのは血圧が安定したことです。

私は体重が48s(身長は150p)と、特に太ってはいませんが、血圧が高く、最大血圧が200oHgを超えることもありました(最大血圧の正常値は140oHg以下)。しかも、乱高下がひどかったのです。それが今年に入ってから、毎日140oHg前後で、すっかり安定するようになりました。この面でも医師の世話になるのかなと気になっていましたから、ホッとしています。先日、久しぶりに以前の散歩コースだった堤防を歩いてみました。30分ほど行くと、二つの川の合流地点になり、そこからは恵那山や御嶽山がとても美しく見えます。以前は飽きるほど目にしていた風景ですが、そのときばかりは涙が出るほど感激しました。

 

ひとことコメント

「骨盤の位置を正せば股関節痛も改善する」えにし治療院院長 中村考宏

 

変形性股関節症など、股関節に障害を抱えている人は、骨盤の後傾によって、普段から股関節を圧迫し、その動きを抑えているケースが少なくありません。股関節は、使いすぎても使わなさすぎても、機能低下や痛みの発生の原因となるのです。近藤さんも、明らかに骨盤が後傾していました。こうした場合は、骨盤の位置を矯正し、股関節周囲の筋肉を強化することで、手術をしなくても症状が改善する可能性が十分あります。
(2010年マキノ出版『安心』4月号より)

深部感覚

夕刊フジに掲載されたときのイラストです。

 

体験談|骨盤おこし,趾,構造動作トレーニング

 

 

関連ページ

構造動作トレーニング Anatomical Activity メニュ―
股関節はお尻の関節|ヒップジョイント hip joint
胸鎖関節(sternoclavicular joint)
カラダの症状・スポーツ障害
深部感覚(ディープ・センセーション)
趾(あしゆび)・足指
ロウギアランニング
骨盤おこし

テキスト

[書籍]「深部感覚」から身体がよみがえる!重力を正しく受けるリハビリ・トレーニング(晶文社)
[書籍]カラダが柔らかくなる「筋トレ」! “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)
[書籍]女性のための「骨盤おこし」―骨格美メソッド(春秋社)
[書籍]「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド(春秋社)
[書籍]趾でカラダが変わる(日貿出版社)
[書籍]本当に動く体になる!骨格ポジショニング(Gakken sports books)

股割り

股割り MATAWARI
[DVD]構造動作トレーニング “股割り”を極める(BABジャパン)
[DVD]構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング(BABジャパン)

セミナー

トレーニング・講座の日程
名古屋「構造動作研究会」
名古屋「またわり練習会」
レポート

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。


top えにし治療院 menu 講座日程