筋肉の作用/膝窩筋

膝窩筋は膝関節外旋筋/筋肉の作用は解剖学と運動学で異なる

骨格筋の作用

学生のとき苦労して覚えた筋肉の作用。
しかし、いざ臨床現場にでてみると、ヒトの動きと解剖学で覚えた
筋肉の作用にしっくりこないことが多々ありました。

それもそのはずです。
解剖学には運動学で必要な筋肉の作用が記されていないのです。
解剖学に記されている筋肉の作用は、
動かない方の骨を起始部に停止部が動く方向。
中には停止部を固定した場合の作用が記されていますが、
私が理想とする運動モデルの筋肉の作用についてはありません。

深部感覚

▲骨格筋の形と触察法(大峰閣) 著:河上敬介、磯貝薫

膝窩筋(しつかきん)の作用

例えば、膝窩筋ですと金子丑之助先生の日本人体解剖学には「作用:膝関節を屈し、下腿を内方に回転する」とあります。

起始は大腿の外側下端、停止は脛骨の内側上端です。

「起始・経過」大腿骨の外側顆、外側側副靭帯および膝関節包から起こり、下内側方にゆく
「付着」脛骨の後面で、ひらめ筋線より上方につく

深部感覚

▲骨格筋の形と触察法(大峰閣) 著:河上敬介、磯貝薫

大腿(起始)を固定して膝窩筋が収縮すると下腿が内方へ回転するということです。ですから、解剖学では膝窩筋の作用を膝関節の屈曲と内旋と覚えました。

しかし、運動学でヒトが走る、歩く、動作を見る場合は、接地側から作用を見ていく必要があります。つまり、下腿(停止)を固定したときの大腿(起始)の運動方向です。そうすると、足を固定した場合は「作用:膝関節を屈し、大腿を外方に回転する」ということになります。

深部感覚

運動解剖学は、解剖学をそのまま運動学に運用するのではなくどのような運動モデルの筋肉の作用なのかを明確にする必要があると思います。そうすると私の運動解剖学では、膝窩筋は外旋筋ということになります。

膝のスポーツ外傷をみていますと、大腿(起始)側を固定して膝窩筋を膝関節の内旋筋として作用させている方が多いです。そして、決まって股関節が硬いという不安を訴えます。

股関節が滑らかに動く状態であれば、下腿から膝窩筋を外旋筋として収縮させることができるのですが、股関節の動きが悪いために、大腿から膝窩筋を内旋筋として収縮させてしまうようです。これは、解剖学を咀嚼しないまま運動学に運用していることが背景にあるかもしれません。

ヒトの動きは、多くの筋肉が協力しあいます。単筋の作用として捉えるのではなく、協力し合う筋肉の作用として動きを捉える必要があるでしょう。

実際、膝窩筋が外旋筋と聞いてもイメージできる人は少ないと思います。スクワットや股割りをトレーニングしていても膝窩筋を外旋で作用させるまでには苦労します。この実感が伴うと運動解剖学が面白くなると思います。

 

 

関連ページ

構造動作トレーニング Anatomical Activity メニュ―
股関節はお尻の関節|ヒップジョイント hip joint
胸鎖関節(sternoclavicular joint)
カラダの症状・スポーツ障害
深部感覚(ディープ・センセーション)
趾(あしゆび)・足指
ロウギアランニング
骨盤おこし

テキスト

[書籍]「深部感覚」から身体がよみがえる!重力を正しく受けるリハビリ・トレーニング(晶文社)
[書籍]カラダが柔らかくなる「筋トレ」! “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)
[書籍]女性のための「骨盤おこし」―骨格美メソッド(春秋社)
[書籍]「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド(春秋社)
[書籍]趾でカラダが変わる(日貿出版社)
[書籍]本当に動く体になる!骨格ポジショニング(Gakken sports books)

股割り

股割り MATAWARI
[DVD]構造動作トレーニング “股割り”を極める(BABジャパン)
[DVD]構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング(BABジャパン)

セミナー

トレーニング・講座の日程
名古屋「構造動作研究会」
名古屋「またわり練習会」
レポート

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。


top えにし治療院 menu 講座日程