しゃがむ力「スクワット Japanese Squat」

【感想文2】しゃがむ力――スクワットで足腰がよみがえる(晶文社)

スポーツトレーナー・吉田高大さんの感想文です。

===

僕は構造動作理論を学んでから約4年になります。この4年間で、今回の「しゃがむ力」を含め、数冊の著書を読ませてもらい、日々コツコツ実践して少しずつ深部感覚が育ち、動きの本質が理解しつつあり、これからの課題も含め日々、充実、感動してます。

理論を学ぶまではラグビーで強くなる為、バーベルスクワットなどで筋肉をパンパンにして鍛え、コーチなどにもそのように指導を受けてきました。しかし、高重量を扱えるようになってもパフォーマンスUPどころか逆に体が重くなりキレがなくなる結果にいつも疑問を感じ悩んでいました。

多くのスポーツマンは著書に記載されてるような、重量を正しく受ける、重心の位置、接地の圧などに意識がなく、筋肉に意識を向け、怪我などに悩みパフォーマンスが下がっているように感じます。 スポーツマンに限らず、人間の身体を進化させるには筋トレではなく深部感覚を育てる事が重要と理解できます。

ジムなどで身体を強くする為に鍛えている方たちが本当に求めているものは深部感覚を育てる事ではないかと感じたりもします。 スクワットに関しても『真実』は上がる事ではなく、しゃがむ事、体幹も同様に背筋群の収縮、腹筋群の伸展をしっかり自分自身で考えを整理して練習すると少しずつ滑らかな動きに変化し、動作に繋がると確信しています。

人間、重力下で生きている以上、動きをよくしていく身体作り、劣化しない身体などはこの『しゃがむ力』にすべてが隠されいるように感じます。 何事も真実は一つだと思います?? これからも実践して伸び悩んだ時はまた読み直し、より一層自分自身を進化させる想いが『しゃがむ力』で増した思いです。 ありがとうございます。

===

感想文・募集してます!

関連ページ

構造動作トレーニング Anatomical Activity メニュ―
股関節はお尻の関節|ヒップジョイント hip joint
胸鎖関節(sternoclavicular joint)
カラダの症状・スポーツ障害
深部感覚(ディープ・センセーション)
趾(あしゆび)・足指
ロウギアランニング
骨盤おこし

テキスト

[書籍]「深部感覚」から身体がよみがえる!重力を正しく受けるリハビリ・トレーニング(晶文社)
[書籍]カラダが柔らかくなる「筋トレ」! “動き”のフィジカルトレーニング(春秋社)
[書籍]女性のための「骨盤おこし」―骨格美メソッド(春秋社)
[書籍]「骨盤おこし」で身体が目覚める 1日3分、驚異の「割り」メソッド(春秋社)
[書籍]趾でカラダが変わる(日貿出版社)
[書籍]本当に動く体になる!骨格ポジショニング(Gakken sports books)

股割り

股割り MATAWARI
[DVD]構造動作トレーニング “股割り”を極める(BABジャパン)
[DVD]構造動作でカラダを変える! 足指トレーニング(BABジャパン)

セミナー

トレーニング・講座の日程
名古屋「構造動作研究会」
名古屋「またわり練習会」
レポート

 

*掲載の記事・写真・図表などを無断で複製・転載・転送・配信することは著作権法により禁じられています。著作権はMATAWARI JAPAN・ウェブサイト管理人またはその情報提供者に帰属します。


top えにし治療院 menu 講座日程